消費者金融の金利について

消費者金融の融資のサービスは、日本国内で最も安全性の高いサービスと言っても過言ではありません。
消費者金融のように消費者に対してお金を貸すときに最も考えなくてはいけないのは、金利がどの程度に設定されているかです。
金利の負担はそのまま消費者の返済の負担に繋がるため、金利が低いほうが確実にサービスの質は高いと言えます。
では、消費者金融は金利に関してどのような基準を持っているのでしょうか。
消費者金融は、利息制限法という法律によって利息の上限を設けられているため自然と金利のその範囲で限定されます。
そもそも、金利と言うのは元本に対して要求できる貸金業者側の利益のことを言います。
例えば、お金を100万円借りたときに利率が付加価値として10%が設定されていたのならば、1年後に110万円のお金を消費者金融に対して返済する義務が生まれます。
そして、利息と言うのはこの1年という単位で生まれた利率を月々の価値に計算しなおしたものの事を言うのです。
単純計算をすれば、今回の利率では10万円に12か月分を割ったものが利息になります。
利息制限法では、必要以上に大きな金額を消費者金融が請求できないように上限に規制を設けています。
利息に上限を設ければ消費者に対して消費者金融から大きな付加価値を請求することが出来なくなるため、借金返済の負担を軽減させることが出来るのです。
そして、これはそのまま金利にも当てはまることが出来るため安全なサービスを利用することができます。


このページの先頭へ戻る