消費者金融【住宅ローンを利用していても借入OK?】

消費者金融のカードローンなどでお金を借り入れる際には総量規制という貸金業法の規制に基づいて、年収の3分の1までしか借り入れることができません。例えば、年収が300万円であれば消費者金融からは100万円が上限になります。

 

住宅ローンもおなじく借り入れている状態ですが、住宅ローンはそもそも年収を超えた額で借りいている場合が圧倒的ではないでしょうか。そうなると、住宅ローンを利用してる人は消費者金融から借り入れができないと思っている方も多いかもしれませんが、実は住宅ローンは総量規制から除外されており、消費者金融の利用に影響しません。他にも自動車ローン、高額医療費の借り入れ、不動産を担保にする借り入れなどは総量規制の除外の扱いになります。

 

しかし、すでに消費者金融から年収の3分の1まで借り入れている人が追加で借り入れをしたいという場合はどうすればいいのでしょうか。住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象にはなりませんが、使途が限定されているので、例えば自動車ローンを生活費に充てるということはできません。

 

そこでおすすめなのが銀行のカードローンです。銀行のカードローンも総量規制の対象外となり、さらに使途が自由なので、食料品を買おうが旅行に行こうが利用者の自由です。しかし、総量規制というのは利用者が破産しないようにという利用者保護の目的で作られた規制です。トータルで年収の3分の1ほどまで借りているという状況であれば、ちょっと借りすぎかなという認識でいたほうが良いのです。


このページの先頭へ戻る